【アンバサダー2500c】Avail(アベイル)パーツを中心にカスタムしてみた!

ABUさんから発売された『アンバサダー2500c』
人気の丸型リールですが、数十年前に発売されたリールなので、現在使うには機能がイマイチだったり、重量が重くて使いづらいです。

そこでAvail(アベイル)さんから発売されているアンバサダー2500c専用のカスタムパーツを購入してカスタムしてみました。



カスタム前のアンバサダー2500c

こちらが今回カスタムする前の純正のアンバサダー2500cです。
中古で2万8,000円程で購入しました。



一番最初に、とりあえずスプールだけ交換しました。
このカスタムだけでしばらくは遊び、それなりに楽しむことはできましたが、やっぱり重量が重かったり、もうちょっといじってみたいなという思いになりました。



重量はラインを含めて約252g
現行販売されているベイトフィネスリールと比べるとかなり重いです。


<参考ベイトフィネスリール重量>

SHIMANO
カルカッタコンクエスト BFS ⇒ 200g
アルデバラン BFS ⇒ 130g
スコーピオン BFS ⇒ 165g

DAIWA
アルファス AIR TW ⇒ 160g
STEEZ AIR TW ⇒ 135g

アルデバランBFSが130gなので、アンバサダー2500cと比べると120gくらいの差があります。
ほぼ「アルデバランBFS」2台分ですね。苦笑



飛距離アップなどの機能もアップさせつつ、軽量化もしていきましょう。



アンバサダー2500cをカスタムしてみた

今回はこちらのカスタムパーツを購入してみました。
アンバサダー2500cの軽量化と飛距離UPが目的です。


■メカニカルブレーキノブ
■コグホイール
■Eリング
■リテーナー
■アルミ製ハンドルナット
■スタードラグ

またロッドが赤っぽいので、ロッドに合うように、カラーはレッドをチョイスしました。
(他にも10色ほど展開されているのでお好みで好きなカラーを選べます。)


それぞれ紹介していきます。


メカニカルブレーキノブ

アンバサダー2500cの左のカップについている「メカニカルブレーキノブ」を回して交換していきます。

純正のメカニカルブレーキノブは約2.8g


Availのメカニカルブレーキノブは約1g

約1.7gの軽量化になります。


コグホイール

アンバサダー2500c左のカップを開けてコグホイールの交換をします。


Eリング

アンバサダー2500cの基本の状態はスプールシャフトにはベアリングなどは装着してませんが、スプールシャフトに移行するカスタムをします。

こちらのEリングはスプールシャフトにベアリング、コグホイールを移行して止めるためのものです。
(シルバーの小さなコグホイールの左にくっついてるのがEリングで、落ちないように止めるためのものです)

詳しくはこちらのページを参考にしてください。
https://avail.jp/v1/products/howto_25c_e.html



このカスタムによって、左のカップを開ける際に、小さなコグホイールと黒いパーツがバラバラになることがなくなったので嬉しいです。(上の写真はカスタム前の状態)

また、このカスタムをすると黒いパーツが不要になり、軽量化や飛距離アップが見込めるそうです。

このEリングはマイクロキャストスプールを購入すると、オプションの「Eリング付き」を選択すると無料でEリング付くので購入する必要はないです。(アベイルのオンラインショップで購入する時のみEリング付きを選べます)


リテーナー

ハンドル側のネジを外して、リテーナーを交換していきます。


純正のリテーナーは約1.1g




Availのリテーナーは約0.4g

約0.7gの軽量化になります。
こちらは、値段の割には軽量化はされないので、好きなカラーがあるならカラーチェンジくらいの感じで交換する方が良いですかね。


アルミ製ハンドルナット

リテーナーを外した後、ナットを六角レンチ(メガネレンチ)で外して交換していきます。


純正のハンドルナットは約2.4g



Availのハンドルナットは約0.7g

約4.6gの軽量化になります。
意外と純正のハンドルナットは重量感あります。


六角レンチ(メガネレンチ)で雑に開けると、ナットの角(レンチと接触する部分)のカラーが擦れてはがれてくるのでご注意ください。


スタードラグ

リテーナー、ハンドルナットを外したら、Eリング、ハンドルを外し、スタードラグを交換します。


純正のスタードラグは約15.5g



Availのスタードラグは約5.3g

約10.2gの軽量化になります。

こちらはかなりの軽量化になりました。-10gは大きいです。

ただ、ねじ山の噛み合わせがあるのか、Availのスタードラグを取り付ける際、純正より少し取り付けにくい(締めにくい)気がしました。(慣れれば問題ないです)


カスタム後

届いたパーツを全て交換してみました。
重量は約237g
スプールを交換しただけのアンバサダー2500cが約252gだったので約15gの軽量化になりました。

目指せ200g!

まだもう少しカスタムしたい箇所があるので、カスタムしたらまたこちらの記事に追加していきたいと思います。




アンバサダー2500cのカスタムをしてみて

アンバサダーのカスタムは純粋の楽しいです。
軽量化&飛距離アップ&自分好みへカラーチェンジができるので、カスタムしている時も楽しいですし、カスタムした後の次の釣行が待ち遠しく、釣行も楽しくなります。

ただ、結構お金がかかるので、好きな範囲でカスタムするのが良いですね。


AbuGarciaの公式ページ

http://www.purefishing.jp/abugarcia/




Availの公式ページ

https://avail.jp/




まとめ

アンバサダー2500cのカスタムは、、、


・軽量化&飛距離アップ&カラーチェンジができる
・色々なパーツがあってカスタムが楽しい
・結構お金がかかる(笑)

興味がありましたら、是非『アンバサダー2500cのカスタム』してみてくださいね。
ハマります。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です